2017/11/12

【WEB内覧会】リビング【オープンハウス編】

みなさんこんにちは。

本日はリビングにご案内します。

間取り


我が家のリビングは図面ではこの位置。リビング・ダイニング合わせて20畳弱だったかな?
WEB内覧会 リビング 間取り

初回の間取りからリビングの配置は変わっていません。一目惚れした建築家 片桐氏のファーストプラン、基本設計の図面です。
C社 初回図面 平面図 1F
建築家 片桐氏は、高台に位置するこの土地で唯一空間が開けている東側にリビングを配置してくれました。

WEB内覧会 リビング


それでは、玄関からリビングの中へどうぞ。
玄関からリビングを望む

リビング - Spherical Image - RICOH THETA



まず目に入るのはこちらの薪ストーブでしょうか。ドブレのヴィンテージ50。一目惚れして決めた薪ストーブです。
ドブレ ヴィンテージ50


この薪ストーブ予算確保の為に、2Fの子供部屋をワンルーム化したんでしたね。


リビングに入って右側は幅3.6mの(大)開口木製サッシが開放感を演出しています(見える景色はそんなだけど)。
当初は快適性を考えて既製品のサッシを進めていた建築家 片桐氏に、「気密はいいので見た目を取ってください」と言ってお願いした渾身のサッシ。
片桐氏も、「久しぶりに木製サッシをやれたけど、やっぱりイイですね」。
大開口 木製サッシ

内覧会用備品ソファに息子たちが座っています。
家の中を走り回るから困る。ずっとこうやって大人しくしてくれてればいいんですが。。
天井が高いのと、木製サッシのおかげで室内が広く感じますが、実際はそんなに広く無いのでこれくらいのソファが丁度いいかもしれません。
リビング 木製サッシ 一人がけソファ

外と繋がる石の壁。ウッドデッキが出来たら、もっとつながり感のあるデザインになるのではないでしょうか。
リビングの石の壁

石壁は入ってきた玄関のニッチ壁とも繋がっていて、石壁のレイヤーが奥行き感を醸し出しています。
リビングから玄関

家の奥の方を望むとダイニング・キッチンとファミリースペースになります。やっぱり天井が高くて開放感がハンパない。石壁のAV機器収納の中で音楽をならすと、音が部屋中に広がる効果もありました。
リビング ダイニング・キッチン

そういえば、基礎建築中に縦スリットの窓から近隣の視線が入るのでは、と気になっていましたが、見事に近隣住宅の窓から外れていて問題ありませんでした。建築家 片桐氏の空間設計に脱帽です。
子供達、クッションを抱えてどこに行くのだ。
リビング

リビングと繋がっている中庭には内覧会用に観葉植物とベンチを置いていただきましたが、これだけで雰囲気がガラッと変わりました。写真はオープンハウス前夜。
リビングから中庭を望む

奥に見える寝室では怪獣が暴れまわっています。お願いだから壁を汚さないで。。
子供達も早く引っ越したいと大はしゃぎでした。
リビングから見た中庭

リビングのWEB内覧会は如何でしたか?低い天井の洞窟のような玄関から、開放感のあるリビングへ。視覚的効果で、リビングがとても広く感じます。アウトサイドリビングとしてウッドデッキが出来ると、更に広く感じる事でしょう。

スペック

リビングスペース

木製サッシ
the Sofa Original
建具ドア
オーク突き板クリア塗装 the Sofa Original
ダウンライト
品番不明(オーデリック)
スポットライト
OS 256 518(オーデリック)
シーリングファン
WF404(オーデリック)
オーク180mm
壁石タイル
Split Granite SPG-16(名古屋セラミックス)

薪ストーブスペース

薪ストーブ
ドブレ ビンテージ50
床・壁タイル
品番不明


最後に


建築家 片桐氏は、家づくり当初の我が家の考え方を見事に体現してくれました。感謝。

次回はリビング奥のキッチンをご紹介します。



我が家の設計施工は
名古屋の建築設計事務所「the Sofa」

the Sofa



こちらのブログランキングで、いつも勉強しています。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

わー、とっても素敵なリビングですね。
天井の高さがとっても高くって開放感があります。

外と中がつながる石の壁が圧巻ですね。建築家さんってこういうの好きですよね。

それに、薪ストーブのヴィンテージ50がレトロ感とスタイリッシュな感じがいい具合に合わさっていて素敵ですね。確かにこのお家にはどっしりとしたクラシカルな薪ストーブよりも、こちらのストーブの方がしっくりきているように思います(薪ストーブについてはズブの素人です。)

そして「気密はいいので…」という男前な発言で実現した木製サッシもとっても素敵です。サッシ前のソファにズニャ公も座りたい~!

は~引き続き内覧会楽しみにしてます。

Re: No title

ズニャ公様
確かに、建築家に頼まなければこんな石の壁は全く想像していませんでしたね。
木製サッシ導入を決めるまでには、何度も念押しされました。
まだ住んでないので、隙間風がどんなものか。。ズニャ公様のモヘアによる隙間風対策を参考に、我が家も真剣に考えます!